現役東大院生の勉強ブログ

田舎の公立高から現役で東大合格した大学院生。勉強法から日々の呟きまで。

「分数の線を定規で書いていないからバツ」に潜む思考のバグ

f:id:hotarukko:20190427153503p:plain


こんにちは,ほたるっこ(@hotarukko_UT)です。

先日,こんなツイートがバズっているのをみかけました。

これを見てみなさんはどう思いますか?

多くの方が「おかしい」と感じたのではないでしょうか。

私自身も,基本的にこの先生の方針には賛成できません。

ただ,この先生の指導方針をあれこれ追及するよりも,その背景に潜む,人間が陥りやすい「思考のバグ」に焦点を当てたほうが,良い教訓が得られるのではないか?と思いました。

今日はその「思考のバグ」について,私が感じたことをまとめてみたいと思います。

 

なぜ先生は「定規を使っていないからバツ」にしたのか

まず,この先生はなぜ「定規を使っていないからバツ」にしようと思ったのでしょうか?

本人に直接聞くわけにはいかないので真相は分かりませんが,Twitter上では,

 定規を使ったら成績が上がった学校があり,真似する先生が少なからずいる

という情報が上がっていました。

他にも,「綺麗に書く習慣そのものを身につけさせたい」など様々な理由が推測できますが,ここでは一旦,「成績の向上を期待した説」を採用して話を進めたいと思います。

「定規を使えば成績が上がる」 は本当か

では,定規を使えば成績は本当にあがるのでしょうか?

ここで,「定規を使うよう指導している学校」と「成績が高い学校」の包含関係を考えてみましょう。

常識的に考えて,

・定規を使っているけれど成績が低い学校

・定規を使っていないけれど成績が高い学校

のどちらもそれなりに存在するだろうと仮定できるので,AとBの関係はこんな感じでしょう。

f:id:hotarukko:20190426214015p:plain

つまり,「定規を使うこと」は「成績が高いこと」の必要条件でも十分条件でもないということになります。成績を高める上で,定規を使う必要があるというわけでも,定規を使えば十分というわけでもないということです。

このように,

【必要・十分条件の関係性を見誤る】

というのが1つのありがちなバグだと思いました。

なぜ「定規を使ったら成績が上がった」ように見えるのか

では,実際に定規を使うように指導したことで成績が上がった(ように見えた)学校があるのだとしたら,なぜそのような現象が起きたのでしょうか?

私は,大きく2つの可能性があると思いました。

可能性1)定規を使う→成績に寄与する何か→成績アップ

定規を使って綺麗に書くと,文字が見やすくなって,計算ミスが減るかもしれません。

また,見た目が綺麗になることでやる気が上がって成績につながる,なんてこともあるかもしれないですね。

いずれにせよ,定規を使うことそのものによる直接的な効果というよりは,何か別の要因を媒介しての効果と言えそうです。

可能性2)定規を使わせるくらい熱心な先生の指導→成績アップ

定規を使わせるくらい熱心に指導している先生であれば,他にも様々な工夫を取り入れて指導しているかもしれません。したがって,定規を使わせるということ以外の,何かしらの指導上の工夫が成績アップにつながっている可能性があります。いわゆる「第3の変数」の存在が疑われるということです。

(もっとも,定規を使わせる先生が良い指導をする先生なのかというツッコミはあると思いますが・・・)

以上のように,直接因果関係があるわけではないものを

【因果関係があるかのように思い込む】

というのも,もう1つのありがちなバグと言えそうです。

まとめ

以上をまとめると,人間が陥りがちな思考のバグとして

  • 何が必要条件,十分条件なのかを見誤る
  • 因果関係があるかのように思い込む

という2つがあげられると思いました。

何か手立てを打つ際には,そもそも何のためにそれをする必要があるのか?それは本当に望んでいる効果をもたらすものなのか?ということを慎重に考える必要があるんじゃないでしょうか。

最近では,目的と手段を混同することに警鐘を鳴らし,「目的思考」のすすめを提唱した工藤勇一先生(千代田区立麹町中学校校長)の経営方針が話題になっていますね。

「目的思考」で学びが変わる?千代田区立麹町中学校長・工藤勇一の挑戦

学校の「当たり前」をやめた。 ― 生徒も教師も変わる!  公立名門中学校長の改革 ―

 (書影をクリックするとAmazonの購入サイトに飛びます)

こうした提案が話題を生む背景にも,今回述べたような「思考のバグ」が関係しているように思いました。

 

みなさんもよければ考えをコメントでお聞かせください!

 

↓ よろしければ読者登録&ブックマークお願いします!