現役東大院生の勉強ブログ

田舎の公立高から現役で東大合格した大学院生。勉強法から日々の呟きまで。

英単語の効率的な覚え方

こんにちは,ほたるっこ(@hotarukko_UT)です。 

受験生や英語を勉強しているみなさんの中には,

f:id:hotarukko:20190420215400p:plain

「英単語がなかなか覚えられない!」

と悩んでいる人も多いのでは?

今日は,私がおすすめする英単語の覚え方について紹介します。

 

 

 

「英語はとにかく単語を覚えれば良い」のか?

そもそも英語学習には,やるべきことがたくさんありますよね。

単語だけでなく,文法や読解,作文,など・・・ 

英語が苦手な人は,何から手をつけたら良いのかわからないと思います。

たまに,「私は語彙が少ないので,とにかくまずは単語を覚えないと!」と言っている人を見かけます。

もちろんある程度の語彙を身につけることは大切です。

しかし,今からお伝えするように,英語は単語だけひたすら覚えても非効率的です。

実は,英語力をあげるためにも,それから単語を効率的に覚えるためにも,

文法の理解が不可欠なんです。

なので,もし英語が苦手で困っているという方は,まず文法を一から復習することをおすすめします。

(文法の勉強の仕方はまた今度記事にします)

「単語と和訳を何度も繰り返し見る・書く」 は非効率的!

 英単語が覚えられなくて困っている人の多くが,次のような勉強法を使っているようです。

  • スキマ時間に単語帳をひたすら繰り返し眺める
  • ノートや要らない紙に何度も繰り返し単語を書く
  • 単語カードを使って繰り返し英単語⇔日本語訳を覚える

私自身は,こうした勉強法を使ったことはほとんどありません。

たまに学校の宿題で「◯回ずつ書いてくること」みたいなのがありましたが,

くだらないな〜腕の筋トレかな〜,くらいにしか思っていませんでした(笑)

実際,ひたすら英単語と和訳を1:1で覚えるというのは非効率的ということが知られています。

もちろん,何度も繰り返していればいずれ頭には残るのですが,覚えるべき単語の数は膨大なので,キリがないです(電話番号1個覚えるのとは訳が違いますからね)。

私がおすすめする勉強法

では,どうすれば効率的に覚えられるのでしょうか?

私がおすすめするのは,

 文や文章の中で覚える

というやり方です。

東大受験生がよく使っている単語帳に,『速読英単語』というのがあります。  

速読英単語 必修編[改訂第7版] (Z会文章の中で覚える大学受験英単語シリーズ)

(書影をクリックするとAmazon購入ページに飛びます)

これの良いところは,英単語と和訳の1:1リストだけでなく,英単語を使った文章が載っているというところです。

英単語は,単に和訳を覚えれば良いという訳でなく,会話や作文の中で使えるようにならないと意味がないですよね。

そして,会話や作文の中で単語が使えるようになるためには,文や文章の中で実際にどのように使われているのかも合わせて理解する必要があるのです。

たとえば次の例をみてください。

<discussという単語を覚えたい>

 ダメな覚え方 → 「discuss=議論する」
 文の中で覚えると・・・ 

 I discussed the problem with my friend.(私は友達とその問題について話し合った)

 文の中で覚えることでわかること

  • discussは他動詞(目的語を直接とることができる)
  • 誰かと議論する場合にはwithが使える

よく,discuss about 〜 という誤答がありますが,こうしたミスも1:1で暗記しようとすることによって生じるのです。

また,上の例を見ればわかりますが,

「そもそも他動詞とは何か」(自動詞との違い)

「そもそも目的語とは何か」

「文型にはどのようなものがあるか」(上の例文の場合,第何文型か)

など,discussという単語の意味や使い方を本当に理解するためには,たくさんの文法事項を理解していなければならないのです。

 

ネイティブスピーカーだって文法理解してないんだから,とにかくシャワーのように繰り返し英語を浴びればいいんだよ!という人もいますが,

私たち日本人はネイティブスピーカーではありませんし,シャワーのように英語を浴びる環境にもいません。

そうしたハンデを負っている状況では,むしろ文法を理解して学習した方がよほど効率的だと,個人的には思っています。

 

↓ よろしければ読者登録&ブックマークお願いします!