現役東大院生の勉強ブログ

田舎の公立高から現役で東大合格した大学院生。勉強法から日々の呟きまで。

現役東大院生から見た今年の祝辞 私が入学した時に聞きたかった!

今年の祝辞がネット上で話題に

4月12日(金)に東大で入学式が行われました。

毎年話題の祝辞ですが、みなさんはもうチェックしましたか?

大学のホームページから全文を読むことができます。↓

www.u-tokyo.ac.jp

また、朝日新聞デジタルでも取り上げられています。

www.asahi.com

性差別などセンセーショナルな話題に正面から切り込んだためか、今年はとりわけ反響が大きいように見えます。

 

東大生から見た感想は? 

東大におけるジェンダーの実態

この祝辞、みなさんはどんな印象を持ちましたか?

「東大女子は合コンで東大生であることを隠す」

「東大には、東大女子が入れないサークルがある」

などの部分は、けっこう驚いた方も多いのではないかと思います。

こうした例は私も自分の目で見たことがあるので、間違いなく東大の現状と言えます。

東大という「変化と多様性に拓かれた大学」(※祝辞から引用)の中ですら、“男性である”ことが“恵まれた”環境になっていると言えるのかもしれません。

 

 「東大生であること」の危うさ

そして、祝辞の後半では、“東大生であること”もまた、社会的に“恵まれた”環境であることに気付かされます。

あなたたちのがんばりを、どうぞ自分が勝ち抜くためだけに使わないでください。恵まれた環境と恵まれた能力とを、恵まれないひとびとを貶めるためにではなく、そういうひとびとを助けるために使ってください。そして強がらず、自分の弱さを認め、支え合って生きてください。

あなた方には、東大ブランドがまったく通用しない世界でも、どんな環境でも、どんな世界でも、たとえ難民になってでも、生きていける知を身につけてもらいたい。

ある社会では“男性であること”が“恵まれた”環境になってしまうように、“東大生であること”もまた社会的に“恵まれた”立場にある。そのことを自覚し、それに甘んじないことの大切さを改めて痛感させられました。

 

「東大ブランド」の上にあぐらをかかない 

東大生の多くが、「がんばって受験を勝ち抜いてきた」という意識で入学していると思います。そして、そのことを自信の源にして、エリート街道を突き進む人がたくさんいます。

しかし、“東大生である”ことの背景には、「たまたまそれが可能な環境に生まれた」ことと、「それが“恵まれた”環境となるような社会である」ことの二側面があることを自覚する必要があるでしょう。

 

私が東大生であることを前面に出してブログを書いているのも、ある意味あぐらをかいているのかもしれません(1本目の投稿からとんだ自己矛盾!)。

そう思われてしまわないように、人としての幅をさらに広げ、読者のみなさんにとって少しでも有益な記事を書けるよう精進するのみです。

 

↓ よろしければ読者登録&ブックマークお願いします!